お問い合わせはこちら

TEL 046-264-1288
〒242-0029 神奈川県大和市上草柳1-3-2
下痢型過敏性腸症候群外来

過敏性腸症候群(IBS)とは

腹痛や腹部不快感を伴う下痢や便秘などの便通異常が慢性的に繰り返される症状です。胃腸の検査をしても原因となる病気が見つからないのに、精神的ストレスなどの刺激に対して腸が過敏な状態になり、下痢や便秘などの症状が繰り返し起こります。

過敏性腸症候群は、その症状から大きく3つに分けることができます。

下痢型

腹痛や腹部違和感を感じる慢性的な下痢。朝食後・外出前・電車の中など便意をもよおす回数が多いのが特徴です。

便秘型

腹痛や腹部違和感を感じる慢性的な便秘です。

詳しくは便秘外来へ

下痢・便秘交代型

下痢型と便秘型の症状を繰り返す症状です。

下痢はなぜおこるのか

消化物が早く通過したり(腸の運動過剰)、腸粘膜からの分泌が増えたり(食中毒など)すると、腸が水分を十分に吸収できなくなります。結果、泥状や液状の便となり下痢を起こします。

下痢はなぜおこるのか

下痢型過敏性腸症候群の治療のカギ

下痢型過敏性腸症候群は、主に脳がストレスや不安を感じるとセロトニンが分泌され、そのセロトニンが腸に影響しやすい人に下痢を起こす症候群です。そのため腸に対するセロトニンの影響をブロックするお薬が治療のカギとなるわけです。また便秘型過敏性腸症候群にも効果的なお薬が登場しています。

医院概要

医院名
医療法人社団 芳沢医院
診療科目
総合内科/循環器内科/消化器内科
住所
神奈川県大和市上草柳1-3-2
電話番号
046-264-1288(電話予約可能)
診療時間
9:00-12:30
14:00-18:15

【休診日】 木曜・土曜午後・日祝日

詳しい予約方法についてはこちら

相鉄線 / 小田急線 大和駅相鉄口改札より
徒歩8分
※駐車場7台完備